ばね・バネ(スプリング)を企画・設計・製造・販売している大阪の会社です。
弊社WebSiteではばね(バネ)の特性計算ができます。ご利用ください!!

有限会社 加賀スプリング製作所

有限会社 加賀スプリング製作所
〒537-0013 大阪市東成区大今里南2-14-23
Tel:06-6971-0660 Fax:06-6971-0676
email:info@kagaspring.com

ばねの用語集

トップ > ばね用語集 > 設計に関するもの

圧縮バネの寿命回数予測方法

お問い合せ内容

バネの要素
材質;SWPB、線径;Φ1.0、平均径;Φ10.0、有効巻数;8巻、座巻:各1、自由長32
使用状況
第一荷重長:24mm、第二荷重長:12mmでの繰り返し荷重を受ける、
以上条件での寿命回数の算定方法について
回答内容
弊社バネの特性計算結果より
バネ定数:1.2266N/mm
荷重長1:24mm  荷重1:9.8N 応力1:286.05 N/mm2
応力係数1:0.127 ←横軸の値です。
荷重長2:12mm  荷重2:24.5N 応力2:715.14 N/mm2
応力係数2:0.316 ←縦軸の値です。
繰り返し荷重を受けるバネの寿命回数を算出するには以下のグッドマン線図を使います。最大応力値と最小応力値が解れば、材料の引張り強さによってこれらを無次元化して、この図表上にプロットする事によって評価できます。

グッドマン線図
グッドマン線図

γ=9.8/24.5=0.4となり、応力係数2:0.316との交点は上記図:×を示して107回数を示します。

注:応力係数の上限は、バネが曲げ応力を受ける場合は0.7、捩り応力を受ける場合は0.45として計算していますが当事者により変更は可能です。


SiteMap | 設備情報 | LINK | WebLog | 掲示板
All Rights Reserved, Copyright ©2003-2017 KAGA SPRING PLANT Co.,Ltd.