ばね・バネ(スプリング)を企画・設計・製造・販売している大阪の会社です。
弊社WebSiteではばね(バネ)の特性計算ができます。ご利用ください!!

有限会社 加賀スプリング製作所

有限会社 加賀スプリング製作所
〒537-0013 大阪市東成区大今里南2-14-23
Tel:06-6971-0660 Fax:06-6971-0676
email:info@kagaspring.com

ばねの用語集

トップ > ばね用語集 > 設計に関するもの

縦横比

圧縮ばねに限りますが、縦横比=自由長 / 中心径 は0.8~4が適正値です。

この比が大きいと荷重が低い場合でも座屈現象を起こしやすいので、バネの内側か外側に案内をいれて使用するのが適当です。この場合ばねと案内のすき間は少なくするほうがよいでしょう。

次に少な過ぎると巻き数も少なくなり、即ち有効巻数も少なくなりたわみ量と荷重が、一致しなくなります。荷重作用が実際には中心にはなく、編心量が巻き数が少ないほど大きくなるので応力の増加にも繋がります。
(応力修正係数参照のこと)



SiteMap | 設備情報 | LINK | WebLog | 掲示板
All Rights Reserved, Copyright ©2003-2017 KAGA SPRING PLANT Co.,Ltd.