ばね・バネ(スプリング)を企画・設計・製造・販売している大阪の会社です。
弊社WebSiteではばね(バネ)の特性計算ができます。ご利用ください!!

有限会社 加賀スプリング製作所

有限会社 加賀スプリング製作所
〒537-0013 大阪市東成区大今里南2-14-23
Tel:06-6971-0660 Fax:06-6971-0676
email:info@kagaspring.com

ばねの用語集

トップ > ばね用語集 > 材料の物性に関する用語

透磁率

物質の磁気的性質(磁性)を表す尺度で、
透磁率とは材料の磁束の通りやすさ(磁化のしやすさ)を示します。

物質を磁気の作用する空間(磁界)中に置くと、
多少関わらず磁気を帯びて磁石と同じような性質を現します。
磁界の強さをさらに強めると物質中の磁束密度(磁石としての強さを表す)も比例して大きくなる。
この時の変化率を透磁率といいます。 
透磁率が高いと同じ磁界の中でも磁束密度は大きく、
すなわち物質中を通る磁束が増えて磁石としての強さが増します。(磁石に付きやすくなる。)

この変化率を示す透磁率より物質の透磁率と真空の透磁率との比である比透磁率が用いられます。

銅やアルミニウムあるいは木材のように「磁性がない」「非磁性である」と表現される物質の透磁率は「1」に近い値で、
鉄のように磁石に良く付く物質は強磁性体といって、透磁率は大きな値を示す。
比透磁率は比重と同様に単位を持たないです。

弊社では燐青銅材超非磁性ステンレス材の取り扱いがございます。



SiteMap | 設備情報 | LINK | WebLog | 掲示板
All Rights Reserved, Copyright ©2003-2017 KAGA SPRING PLANT Co.,Ltd.