ばね・バネ(スプリング)を企画・設計・製造・販売している大阪の会社です。
弊社WebSiteではばね(バネ)の特性計算ができます。ご利用ください!!

有限会社 加賀スプリング製作所

有限会社 加賀スプリング製作所
〒537-0013 大阪市東成区大今里南2-14-23
Tel:06-6971-0660 Fax:06-6971-0676
email:info@kagaspring.com

ばねの用語集

トップ > ばね用語集 > 材質に関するもの

ステンレス鋼の低温特性

多くの鉄鋼材料は低温で脆性を示しますが、面心立方晶金属であるニッケル、銅、アルミニウム等は
低温で脆性を示す事は無いです。

ステンレス鋼では低温で靱性が保たれるか、脆性を示すかは金属組織によります。
例えば13クロムステンレス鋼や18クロムステンレス鋼等のフェライト系・マルテンサイト系では
低温脆性を示しますが、18-8ステンレス鋼のオーステナイト系ステンレスやニッケル基合金は
脆性を示す事は無いです。

下図は各種鋼材と非鉄金属の常温・低温における衝撃靱性を示したものです。

 

各種金属の常温及び低温の衝撃波



SiteMap | 設備情報 | LINK | WebLog | 掲示板
All Rights Reserved, Copyright ©2003-2017 KAGA SPRING PLANT Co.,Ltd.