ばね・バネ(スプリング)を企画・設計・製造・販売している大阪の会社です。
弊社WebSiteではばね(バネ)の特性計算ができます。ご利用ください!!

有限会社 加賀スプリング製作所

有限会社 加賀スプリング製作所
〒537-0013 大阪市東成区大今里南2-14-23
Tel:06-6971-0660 Fax:06-6971-0676
email:info@kagaspring.com

ばねの用語集

トップ > ばね用語集 > 材質に関するもの

超非磁性ばね用ステンレス鋼線

超非磁性ばね用ステンレス鋼線の特色

りん青銅に匹敵するレベルの非磁性を有し強度、耐食性、耐熟性、ぱね疲労特性に優れたばね用オーステナイト系ステンレス鋼線ことです。

く特長>

1)強度は、SUS304-WPBと同等です。

2)冷間伸線加エにより高強度としても透磁率は1.003以下を維持し、

りん青銅とほぼ同等です。

3)最適低温焼なまし条件である550℃×30minの熱処理を施すことに

より、強度が大幅に向上します。

4)ぱね疲労特性はSUS304・WPBより優れています。

5)耐食性は非常に良好で、特に耐孔食性については他のオーステ

ナイト系ステンレス鋼線より大幅に優れています。

6)耐高温へたり特性はSUS631J1-WPCと同等以上の性能を示します。

化学成分

窒素(N)の積極添加を行っていることが特徴であり、この結果オーステナイト組織の安定

化により超非磁性(μく1.003)を達成しています。またNの添加は、強度、耐食性、耐熱

性の向上に有効であることが知られています。

表1 化学成分(代表値)      (mass%)

C

Si

Mn

Ni

Cr

Mo

N

0.02

0.3

6.0

10.0

22.0

2.0

0.4

代表特性

1.透磁率

加工率70%以上でも透磁率1.003以下と非常に低い値を示し、良好な低透磁率を示します。AIS1205よりも低く、りん青銅とほぼ同等な値を示します。

2.低温焼なまし特性

低温焼なましによる強度のピークは550℃であり、この温度で引張・ねじり強さ、耐力

がピークに達します、よって推奨低温焼なまし温度は550℃x30minとなります。

3.機械的特性

引張・ねじり強さ、耐力および弾性係数はSUS304WPBとほぼ同等であり、最適低温焼なまし条件の熟処理後ではSUS304WPBよりも優れた特性を有しています。

超非磁性ばね用ステンレス鋼線 代表引張特性(Φ0.9mm)

鋼種

調質状態

引張強さ
N/mm2

0.2%耐力
N/mm2

耐力比

縦弾性係数

kN/mm2

超非磁性ばね用

ステンレス鋼線

伸線のまま

1943

1708

87.9

168

550度×30min

2360

2179

92.3

177

SUS304

伸線のまま

1911

1685

 

88.1

 

164

380度×30min

2215

1989

89.8

172

超非磁性ステンレス鋼線 代表ねじり特性(Φ0.9)

鋼種

調質状態

ねじり強さ
N/mm2

0.3%
ねじり耐力
N/mm2

耐力比

横弾性係数

N/mm2

超非磁性ばね用

ステンレス鋼線

伸線のまま

1058

817

77.3

63

550度×30min

1228

1175

95.7

70

SUS304

伸線のまま

965

856

 

88.7

 

62

380度×30min

1125

1040

92.5

69

4.ばね疲労特性

ばね疲労特性は、SUS304WPBと同等の400℃×30minの熱処理でSUS304WPBより優れています。さらに最適低温焼なまし条件である550度×30minの熱処理を施すことにより、さらにばね疲労特性は向上します。

5.耐食性

NASlO6NはSUS316と比較しても耐食性に優れており、特に耐孔食性(6%FeCl3浸漬試験、孔食電位)においては極めて優れた特性を有しています。

6.耐高温へたり特性

超非磁性ばね用ステンレス鋼線は、耐高温へたり特性において400℃x30minの熱処理においてはSUS304WPBとほぼ同等であり、最適条件である550℃×30minの熱処理を施すことによりSUS631Jl-WPCと同等以上の耐高温へたり特性を有しています。

●用途

非磁性…電子部品用ばね、検針機対策ばね(りん青銅代替)等りん青銅と比較して強度が高く、ばねの小型化・量化を可能にします。

耐食性…薬剤ボトルスプレー用ばね等耐食性を生かし、耐薬品用途等幅広い用途に展開が可能です。

耐熱性…自動車用(エンジン・排気系)等SUS631J1以上の耐高温へたり性能を生かした使用が可能で、SUS631J1のような長時間の析出硬化熱処理が不要な為、ぱねの生産性を向上させることが出来ます。

注)本資料に用いた特性値は代表値であり、品質を保証するものではありません。



SiteMap | 設備情報 | LINK | WebLog | 掲示板
All Rights Reserved, Copyright ©2003-2017 KAGA SPRING PLANT Co.,Ltd.