ばね・バネ(スプリング)を企画・設計・製造・販売している大阪の会社です。
弊社WebSiteではばね(バネ)の特性計算ができます。ご利用ください!!

有限会社 加賀スプリング製作所

有限会社 加賀スプリング製作所
〒537-0013 大阪市東成区大今里南2-14-23
Tel:06-6971-0660 Fax:06-6971-0676
email:info@kagaspring.com

ばねの用語集

トップ > ばね用語集 > 材質に関するもの

ピアノ線の種類・用途・製造方法

ピアノ線の種類
ピアノ線と呼ばれるものには弁ぱね用ピアノ線,
ばね用ピアノ線,楽器用ピアノ線等ありますが,普通はばね用ピアノ線を指します。
欧米ではMusic Steel WireもしくはMusic Spring Wireと呼ばれています。
JISG3522(ピアノ線)には,A種,B種およびV種の3種類があります。

用途
ピアノV種は繰り返し数の大きいぱね,特に自動車,船舶,農機具などの
各種弁ばねに使用されます。

ピアノ線A種、B種は自動車のクラッチぱね,ブレーキばねなどの
重要部品や電気機器,電子部品,工作機械,建設機械などの部品ばね,
計量器ぱね,運動機器その他の精密ばねに使用されます。

ピアノ線A種は許容応力もかなり高く,繰り返し荷重に対する疲れ等に対しても高耐性力を持っています。
ピアノ線B種は設計上どうしても高い引張強さ,耐へたり性を要求されるばねには適正がありますが,
成形加工などで問題となる加工硬化が招く為靭性面では,A種より若干劣る場合があります。

ピアノ線A種は許容応力もかなり高く,繰り返し荷重に対する疲れ等
に対しても高耐性力を持っています。
ピアノ線B種は設計上どうしても高い引張強さ,耐へたり性を要求されるばねには適正がありますが,
成形加工などで問題となる加工硬化が招く為靭性面では,A種より若干劣る場合があります。

製造方法

ピアノ線はばね材料としては最高品質が求めらられる為に、
化学成分が均一で偏析がなく,不純物,非金属介在物などの少ないことが要求される,
よってその母材となるピアノ線材は,JISで規定されているリン,硫黄,銅などのほか,
有害な不純物の少ない厳選した原料を用い,鋼片もきず手入れを入念に行われ、
表面の欠陥を除いた後に、十分な管理のもとで加熱圧延され,有害なきず,脱炭などの
欠陥を有しないピアノ線材に仕上げられる。

V種の場合には途中工程でシェービングや連続センタレス研磨が行われています。

 



SiteMap | 設備情報 | LINK | WebLog | 掲示板
All Rights Reserved, Copyright ©2003-2017 KAGA SPRING PLANT Co.,Ltd.