ばね・バネ(スプリング)を企画・設計・製造・販売している大阪の会社です。
弊社WebSiteではばね(バネ)の特性計算ができます。ご利用ください!!

有限会社 加賀スプリング製作所

有限会社 加賀スプリング製作所
〒537-0013 大阪市東成区大今里南2-14-23
Tel:06-6971-0660 Fax:06-6971-0676
email:info@kagaspring.com

ばねの用語集

トップ > ばね用語集 > 低温焼きなまし

熱処理(低温焼鈍)

通常冷間成形で作られたばねには加工硬化による残存応力が残っていますので、それらが応力に加えられると早期にばねのへたり、折損がおこりやすくそれらをを防ぐためには低温焼鈍は必要なものです。

また弾性限度を高めたり硬鋼線やピアノ線に処理すると表面にテンパーカラーと呼ばれる防錆性のある青い色がつきます。これにより、テンパー処理 とも呼ばれています。

引きばねの初張力は熱処理を施すことによって減少することが一般に知られていますのでここではJISに準じて硬鋼線、ピアノ線は25% SUS304WPBは20%で初張力を計算しています。また、初応力も同様の処置をとっています。



SiteMap | 設備情報 | LINK | WebLog | 掲示板
All Rights Reserved, Copyright ©2003-2017 KAGA SPRING PLANT Co.,Ltd.